fc2ブログ

恋文職人

後輩の手帳など

「後輩の手帳」
仕事の打ち合わせをしていて、
めくられる後輩の手帳に目がいった。
自由筆記のスペース、1ページの真ん中に映画の半券が貼り付けられていた。
ロマンチストだなと思い、そう言うと
「1日1ページだがら」と照れていった。
なんだかいいこだと、思った。

「久しぶり」
大学入った頃に気になっていた女性から、メールがきた。
気になっていたのは1年生の最初で、告白することもなく、疎遠になった。
私よりもいくつかお姉さんで、笑った顔、声がとても可愛かったことは今でも印象として残っている。
「文章かくのが好きだったから、さすがだなぁと思った」と今の仕事についてについて
書いていてくれた。
記事なんて書いていない。
営業の仕事だ。
それでも、そういう印象を持っていてくれたことが嬉しかった。

スポンサーサイト



  1. 2019/05/04(土) 18:27:11|
  2. 詩・恋文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<言葉 | ホーム | 5/3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ironwindow.blog98.fc2.com/tb.php/975-52f73667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ビーフィーター

Author:ビーフィーター
ビーフィーター
恋文職人
出せない手紙は、読まれないどころか、
食べてもらうこともできないのに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる