fc2ブログ

恋文職人

悲しいね

人が離れていくことがわかる。
自分から離れていこうと、
その人が離れていっても、
結局は1人の時間が残るだけ。


最近やらないといけないこともあって、
わからないなか、進めている仕事がある。
そのことで、関係する会社の、直接関係していない人と話をする機会があった。

鼻で笑われたように感じ、
その意図がなくても、そう感じたのだから、私の中でのそれは、おこったこと、
それが、正直嫌だった。
私は顔に出やすいので、私の嫌悪感は伝わったものとおもうけど。
伝わっても伝わらなくてもいいけれど。

悲しいね。
スポンサーサイト



  1. 2014/12/05(金) 20:24:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<読書 | ホーム | 12月1日>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/12/07(日) 02:26:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

名無し様
ありがとうございます。
  1. 2014/12/10(水) 20:13:06 |
  2. URL |
  3. B #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ironwindow.blog98.fc2.com/tb.php/602-6f1fe704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ビーフィーター

Author:ビーフィーター
ビーフィーター
恋文職人
出せない手紙は、読まれないどころか、
食べてもらうこともできないのに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる