fc2ブログ

恋文職人

後輩の結婚

10月15日

妹尾河童さんの「河童が覗いたインド」(新潮文庫)を読んでいる。

昨夜は会社の先輩から呼び出されて、居酒屋「童」でお酒を飲んだ。
低価格でボリュームがあり、美味しいという最高のお店で、
お誘いにはほとんど乗っかるを心情にしている私は、もちろん行ったわけですが、
行くにしても嬉しいお店。

酔っ払って丁度よく時間の合ったバスで帰宅。
東京の後輩から電話がかかってきて、話していたら。
「彼女と一緒に住もうと思っています」という報告が。
総務に相談をしているということで、結婚に向けて動いていることだった。

多くは知らないけどれど、二人の間で起こったあることは口外しない約束で抱えている。
だから、時間を経て時間を重ねて二人が一緒にいることは、嬉しいと思っています。

私は確実に老いている。
置いて行かれてる。
スポンサーサイト



  1. 2020/10/15(木) 18:37:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<給料日前 | ホーム | 4度目のご挨拶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ironwindow.blog98.fc2.com/tb.php/1083-1aa10833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ビーフィーター

Author:ビーフィーター
ビーフィーター
恋文職人
出せない手紙は、読まれないどころか、
食べてもらうこともできないのに。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる